へるめっぽん!

ヘルメットの選び方について

選ぶ際にまずは何に使用するヘルメットかを考える必要があります。多くは作業現場などの危険作業に使用するイメージがありますが防災用や自転車用・バイク用など様々あり使用する目的に合った物を選ぶ必要があります。被る人物が誰なのかによってサイズも変わりますので大人か子供かぐらいはチェックします。予め頭囲を測っておくと返品などの手間が必要ありません。使用する用途によっては耐熱性・耐候性・耐薬品性・耐電性など必要な材質特性をチェックしておきます。ヘルメットは意外と耐用年数が低く、3年程度で耐用年数が切れるのでマメに日付をチェックしておきます。耐用年数以内でも何かしらの衝撃を受けた物は新品に交換する必要があり、軽く落としただけでも交換します。バイク用の物は頭を覆う面積が広ければ安全性も高くなりますが、空気抵抗や視界確保などを考えて選びます。オフロード用では高速走行すると空気抵抗が強まるので普段使いにはあまり向いていません。125CCを超えると使用できないタイプもあるので自分のバイクの性能も確認する必要があります。測る際には最も頭の大きい部分(眉毛の少し上)を測りますがメーカーによって微妙な違いがあるので必ず試着します。

ヘルメット選びは、正しいかぶり方から

ヘルメットは様々な場面で、安全のために大切な役割をはたしてくれるものですが、かぶり方が適切でない場合、その機能を十分に引き出せないことがあります。第一に、必ずしっかりとあごひもを締めることです。バイクに乗る時に着用するものや、緊急時に着用する防災用、どちらでも同様です。特に後者の防災用は、大きな震災などを経て、訓練やテレビの報道などで、着用している姿が目立つようになりました。しかし、中には、髪型を気にしてなのか、きちんと顎ひもを締めていないことや、頭頂部より後ろにずれた格好になっていることがあります。これでは、本当の「いざ」という時に、脱げてしまう恐れがあるので、あまり意味があるとは言えません。人によっては頭の大きさや形が合わず、どうしてもうまくフィットしないこともありますが、そういう時は、交換して貰うべきでしょう。また、ライダーヘルメットの場合、最初のうちは少しきついと思うかもしれませんが、ある程度は使っているうちに慣れてきますので、明らかにぶかぶかなものを選んではいけません。外見を優先したがる人もいますが、まずはなぜヘルメットが必要なのかを考え、正しい大きさのものを選ぶようにしましょう。

Valuable information

中古住宅 リノベーション 京都

結婚式 プチギフト

Last update:2017/8/23


△上に行く?