へるめっぽん!

ヘルメットのあご紐の豆知識

ヘルメットには必ずと言ってもよいほどつきものとなっているのがあご紐です。一見地味な存在ですが、実はとても大切な役割を担っています。安全のためにヘルメットを被っていても、あご紐をしっかりと締めていないと、その効果はほとんどなくなってしまうと言っても過言ではありません。衝撃を受けたときに、どこかへ飛ばされてしまっては、頭部を保護することができないからです。従って、安全のためにはきっちりと固定しておく必要があります。通常はベルトによって、長さを調節できるようになっているので、ちょうどよい長さになるように合わせておくとよいでしょう。また、使用しているうちに汗などを吸って、臭いが付着してしまったり、傷んできて千切れそうになってしまうことも珍しくはありません。定期的に交換するようにすると安心です。交換用として、製造メーカーから取り寄せてもらうことができます。ヘルメットを本体ごと買い換えるよりも、パーツとして取り寄せて貰ったほうが安上がりです。

ヘルメットによる安全に不可欠なあご紐

人間にとって頭部は非常に重要な部位であり、保護する必要があります。特に工事現場など、周囲に危険な要素が多い場所では、万が一に備えて頭部の安全を確実に守る事ができる装備が必要不可欠です。ヘルメットは、作業現場で必須となる安全装備として利用されています。また、頭部の保護機能を果たすためには、きちんとあご紐を留めて頭部へと固定する事が重要です。頭部に衝撃が伝わった場合に、あご紐が留められていなければ保護の機能を果たす事ができません。また作業中にヘルメットが外れてしまうということも頻繁に起こることになり、作業の効率性についての問題が出てきます。このように、本来望まれている重要な保護の性能を十分に発揮させるためにも、あご紐がきちんと留められるかどうか、また本人自身がきちんと着用することを心がける事が肝心です。安全を守るためのツールである事から、その扱いには特に厳重な心がけをいつも持っておくべきです。

おすすめWEBサイト 5選

最終更新日:2015/5/27


△上に行く?