へるめっぽん!

ヘルメットのサイズについて

バイクに乗る時に絶対に必要となるのがヘルメットです。バイクに乗っていて事故に遭った場合に、1番損傷を受けやすいのが頭とされており、頭部を守る為にも適切なヘルメットを購入する事が大切となります。各社メーカーによってそれぞれ違うサイズ表記がされているので、自分の頭のサイズを調べておく事で、ピッタリの物を身に付ける事が出来ます。メジャーを使って頭周りのおでこの高い部分から、後頭部の出っ張っている外周部分を測定する事で、大きさを知る事が出来ます。一番小さい頭の外周は、53cmからとなっており、2cm刻みでヘルメットが作られている場合が多くなります。初めて購入する場合には、現物を見て気に入ったデザインや形を選択して試着してから購入する事で、失敗する事無く購入する事が出来ます。同じサイズ表記になっている場合でも、メーカーや造りによって、被った感じが違う場合も多くなっていますし、内装部分を交換することでも調整する事も可能です。

もう迷わない!ヘルメットのサイズの決め方

ヘルメットのサイズは、メーカーごとにSサイズから、MやLそしてXLまで、細かく区分されているのが一般的です。メーカーによっては、大きな頭の人用に、最高でXXLまで用意していることがあります。ただし、一部の製造メーカーでは、フリーサイズのヘルメットを一種類しか用意していないこともあるため注意が必要です。いずれにせよ、統一した基準がないため、ある会社の製品だとMがちょうどよいのに、別の会社のMでは締めつけ感が強いということがあり得るのです。従って、フィット感のよいものを選ぶなら、購入する前に試着することが必要です。もし試着できるショップがないというときには、製造しているブランドがホームページなどで掲載している頭の寸法の測り方にしたがって、できるだけ正確に計測をしておく必要があります。頭の周囲や額の長さなど、いくつかの寸法を正確に知っておけば、ヘルメットのカタログ数値を詳しく見ることで、ピッタリの製品を選ぶことができるのです。

check

ゴールドの高額査定

最終更新日:2016/10/11


△上に行く?